SSブログ

新型コロナウイルス 加筆しました。(初筆 2020-03-27) [その他(全ての生物)]

不安がってばかりではという事で、こちらに東京都のデータがありましたので、今後どうなるのかと・・・

といっても、エクセル頼みですが。
コロナウイルス.png
感染者数のグラフは上のような二次曲線で近似されます。(積算人数で1/24~3/25まで)

エクセルだけではと思い、dumboの方法で計算しますと、
y=13.384251ー1.765258x+0.065073x^2、となり、p=0.04626 「F(1,124,4.0526)」でした。
(しかしここ数日の青い点を見ると、近似曲線より急峻に昇っていますので、
もっと早く感染が広がるかもしれません)

このまま、1年間で計算すると。
コロナウイルス予測.png
となり、のべ8046人の感染者が出る計算になります。(東京都で)

厚生省の3月15日12時時点での国内で亡くなられた方の割合は、22/780=2.82%ですので、
都内だけで一年間に226.9人の死者が、という恐ろしい結果になってしまいます。
一刻も早くと思うのは・・・

注)あくまで計算上ということで、当然、実際とは異なると思いますが。



4/14追加)4/14ではこんな感じです。
新規感染者数が0とならない日からプロットしています。
また、近似曲線は2次から指数曲線へと変更しました。
コロナウイルス4_14.png
感染者数(治った方も含む)は鈍化傾向ですが、この時点での新らしい感染者が減少したのであって、
これから感染するかもしれない人達は依然として大多数なので、ワクチンが出来るまでは・・・

コロナウイルス4_14_.png
コメントにしました方法で図示しますと、今のところ今後どうなるかは不明なのでしょうね。
R^2の値が低いので、データー数が少ないという事でしょうか?




4/21追加)厚生労働省の発表データ(4/20分迄)からです。

「厚生労働省の統計データをdumbo自身が理解しやすいように作図したもので、実際とは異なることがあるあるでしょうし、もっと高精度で解析するには多数の要素を含めた拡散方程式?等が必要になると思います。 4/21現在、データは厚生労働省のサイトで確認できるかと思いますので、厚生労働省に問い合わせはなさらずに、各個人で参照下さい。 他のページとは異なり、風評を招くリンク等はお断り申し上げますので、ご自身でご確認ください。」

検査されていないデータを除くため、
申し訳御座いませんが亡くなられた方の人数と死亡率から再計算しました。


死亡率からすると全ての方にかかわりがあると思い公開することにいたしました。
結果が深刻なので‥‥‥‥‥

亡くなられた方々には御冥福お祈り申し上げます。


コロナウイルス4_20_00.png
上図のように、死亡者数は指数関数的に増加しています。

コロナウイルス4_20_01.png
コメントしました参考の様にプロットすると、近似直線(対数軸のため直線で近似されます)との間隔が狭まっているので、
直線上に収束すると思われます。このグラフではR^2が低いので何とも言えませんが。

コロナウイルス4_20_02.png
4/20日現在の死亡率、1.59%から感染者数を計算すると上図の様になります。

コロナウイルス4_20_03.png
今後の予測のために縦軸を対数として延長すると上図の緑の直線になり、
単純計算では9月頃には全ての国民に感染の危険があり、死者総数は・・・

データの読み違いであってほしいのですが、なんと、3/27に計算したデータより早まっているようです。

なんとしても予防・治療方法の確立を急いでほしい!
切迫しています。

注)10名以上亡くなられた各国の死亡率は17.5%(フランス)~0.167%(シンガポール)と、かなり巾があります。
また、平均4.42%ですから、医療崩壊するとさらに早まるかもしれません。


4/22追加)上の一番下のグラフはDT(doubling time)チャートと呼ばれるものに使われるようです。
縦軸は累積ではありません?が、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)で各国のものが読み取れます。



計算ほど増加はしないことを期待して、今後どれくらいのブレーキがかかるか参考に、
アメリカのデータ(ニューヨークタイムズサイトから)を上書きしました。
コロナウイルス4_20.png
速度は鈍りますが感染者数10万人位(日本では4万人?)までは指数的に増加するのでしょうか?
ですがそのあとも増加はするようです。


最後に、シャルル・ニコルの法則を加え、治癒者数、無症状者数を除いたものを示しておきます。
コロナウイルス補正予測.png
薄緑の線が予測値で、単純に75%でクリップし、治癒者、無症状者を差し引いただけです。
おそらく、何も対策を講じなかった場合の極端な例になるのでしょう。
こんなことにはならないでと願うばかりです。


(尚、4/21に公表があり、突合作業中の方が74人おられるようで図には反映しておりません。そのため死亡者の数は74名少ない表示となっています。したがって死亡率も現実と異なります)


前向きな国内における情報では、
ウイルス様粒子(Virus Like Particles)ワクチン←メディカゴ(カナダ)、DNAワクチン←アンジェス
で検索下さい
nice!(24)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

にほんブログ村 教育ブログへ

コメント 3

dumbo

今後の指標を示すためのグラフ表示に関してyahooに記事がありました。
元の動画は下記です。
https://youtu.be/54XLXg4fYsc
縦軸に新規患者数を対数で、
横軸に累積患者数を対数で、表示するものです。
素晴らしい情報をありがとうございました。
by dumbo (2020-04-06 05:34) 

アヨアン・イゴカー

私も、yahooに載っている感染者数をエクセルのグラフにしています。
日本では検査数が満足に行われていませんので、実態を反映していません。既に感染爆発は起こっていると思います。
兎に角、3密を避けるように、また、外出後は手洗い、嗽を意識して行動しています。

他国のことなど心配していられる状況ではありませんが、やはり人口の多い中国、インド、ロシア、バングラデシュ、ブラジル、フィリピン、エジプトなど、現段階で感染者数が少なすぎるので、気になっています。
by アヨアン・イゴカー (2020-04-15 21:21) 

dumbo

アヨアン・イゴカーさま、ブログ再開おめでとうございます。
お久しぶりでうれしいです、コメント、ナイスありがとうございます。
明確な予防法が無い以上、発生の終息は前の記事に従うまで続くと思われます。
要するに 感染者に接触しない=予防されない という事ですね。
今行っている対策は、ワクチンが完成するor強力な治療法が確立する、までの言わば時間稼ぎにすぎません。
死亡率がけた違いに高い感染症です(発表を見る限り)ので物理的な防御では無く、生物学的防御が早く成立されることを期待する限りです。
by dumbo (2020-04-16 05:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。